CloudStudio 出展予定




2022年11月16日~11月18日にかけて映像機器・サービスの国内最大の展示会であるInterBeeが開催されました。
当社もこの展示会に出展し、クラウドで多拠点の映像を集約し、スイッチングやタイトル、テロップ挿入などを行ってライブ配信を行「CloudStudio」の紹介をしました

ライブ配信システム【Comstation VM】

ライブ配信を本格的に行う為には少なくとも映像ミキサースイッチャー、テロッパー、音声ミキサー、配信用PCなどが必要になり現地での接続設定、テストだけでも手間と時間がかかります。
Comstation VMではこの手間を大幅に削減し、Comstation VMにカメラとマイクを接続するだけ即配信、僅か5分~10分程度での配信開始可能となります。
さらに通常は各機材に必要な配信オペレーター(スイッチャー、ミキサー、配信PCの構成ですと最低3人)もオールインワン配信機のComstationVMでは1人での運用も可能です。
Comstation VMは多彩な映像の入出力に対応可能です。ビデオカメラで一般的なSDI、HDMI、アナログだけでなく、リモートカメラやスマートフォンからのNDIさらに監視カメラでよく使われるRTMP,RTSPにも対応しています。
もちろんComstation VM内に保存された映像もソースとして利用可能です。
操作面では配信専用キーボードを標準搭載しています。一般的に配信で使用するワンタッチキーは設定済みです。
さらにお客様のご希望するワンタッチキーをご連絡いただけましたら弊社での設定も可能です。(最大合計キー数32キー)
Comstation VMでは、配信だけでなくレコーダーとしても機能しており、十分な性能も有している為、録画後の編集機としてご利用いただけます。カラーグレーディングやVR編集、4K/8K編集等、高度な編集に対応する機種もご選択いただけます。

eスポーツ配信

eスポーツなどで多拠点のゲーム映像をクラウドスタジオに集約してオペレーターが別の拠点で配信します。
ゲームプレイヤーは自宅で自分のPCにてプレイ、そのプレイ映像をクラウドスタジオ(図中CloudStudio VM)に送り出します。
クラウドスタジオへ送られてきている複数の映像を、オペレーターがリモート操作で制御します。
オペレーション内容は映像のスイッチング、ミキシング、テロップなど多岐にわたりその制作結果を配信先サーバーに送出します。

スポーツ配信

eスポーツなどで多拠点のゲーム映像をクラウドスタジオに集約してオペレーターが別の拠点で配信します。
ゲームプレイヤーは自宅で自分のPCにてプレイ、そのプレイ映像をクラウドスタジオ(図中CloudStudio VM)に送り出します。
クラウドスタジオへ送られてきている複数の映像を、オペレーターがリモート操作で制御します。
オペレーション内容は映像のスイッチング、ミキシング、テロップなど多岐にわたりその制作結果を配信先サーバーに送出します。

スポーツ中継
CloudStudio + Comstation

球場やグラウンド等をカメラ撮影をし、インターネット介してCloudStudio
に送出、オペレーションや現場でComstation 使用




リモートプロダクション【CloudStudio】

多拠点の中継映像をリモートで切り替えながら配信をオペレーションすることが可能です。
場所の離れた各拠点のカメラ映像を一か所に集め、映像スイッチングをしながらライブ中継を行います。一般的には中継車や配信設備の整った拠点を各地点に用意し、多大なコストを費やし多拠点ライブ中継を行いますが、中継地がネットワーク接続することが可能であれば映像を送出してリモートで操作しライブ配信することが可能です。現場のスタッフや機材を最小限にし、高付加価値のあるライブ配信を行える仕組みです。

運用までの流れとしては、初めにカメラを何台接続するか、配信先は何か所あるのか等の情報を決めておきます。情報によって必要な性能が変わってくるため、利用者の希望する機能が備わった仮想PCをレンタルします。レンタルが完了後、撮影現場で映像を撮影し映像をインターネット上に伝送します。CloudStudioを使用しているためネットワークに繋がる場所であれば世界中のどこからでも複数の撮影現場からでも可能になります。ネット経由で送られてきた映像をPCやスマートフォン、タブレットを使い操作を行います。映像切り替えやライブ配信の機能がすべて仮想PCの中に入っているためどこからでもリモートで操作することが可能です。映像切り替えや映像の合成等を行いながら、放送局やYoutubeなどの配信サーバーに送出します。


資料ダウンロード >>

MENU
PAGE TOP